スマートフォンで植物を管理できるプランター「Planty」がKickStarterで注目

By on 2015-04-30

ゴールデンウィークは実家に帰省したいけど、自宅で育てている植物に水やりができず枯れてしまうかも、といった心配も「Planty」が実現すればなくなりそうだ。現在、クラウドファンディングサイト「KickStarter」で出資を受け付けている。

「Planty」は、韓国のスタートアップ企業nthingが開発したWi-Fi接続するプランター。外出中でも水をあげられるほか、センサーで植物の状態がわかるのが特長だ。タンクには水を500mlまで入れておくことができ、スマートフォンにインストールした専用アプリから水やりが可能。

また、搭載されたセンサーによって、プランター内の湿度、温度、照度が測定できる。測定した温度などは、アプリから確認することで、植物の育成環境を整えるのに役立つ。

30日現在、99ドルから予約が可能。残り日数23日で、目標金額の60%が集まっている。

■Planty: The Smart Way to Connect with Nature by nthing — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/gynapse/planty-the-smart-way-to-connect-with-nature?ref=category