富士通、センシングしたデータを活用するIoTパッケージ「ユビキタスウェア」を発表

By on 2015-05-11

富士通は11日、センサーで検知したデータをクラウド上で分析し、そのデータを活用する一連のパッケージサービス「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(以下、ユビキタスウェア)」を発表した。

「ユビキタスウェア」は、加速度や気圧などを検知するさまざまなセンサー、センサーを制御する専用マイコン、Bluetooth Low Energy対応の無線通信機能を組み合わせたコアモジュールと、クラウド上でデータを分析するIoTプラットフォームを扱うミドルウェアから構成される。デバイスやシステムに組み込むことで、遠隔から人の姿勢を把握したり、転倒を検知することなどができる。

同社はユビキタスウェアを組み込んだデバイスの具体例を紹介しており、現場作業員向けのリストバンド「バイタルセンシングバンド」もその一つ。リストバンドに搭載したセンサーが温度、湿度、運動量、パルス数といった情報を計測し、その後クラウド上で分析して装着者の体にかかる負荷量を明らかにする。建設や農業現場の作業者に装着させることで、常に健康状態を監視でき、現場の安全性向上につながる。

14日より東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2015」では、バイタルセンシングバンドなど、ユビキタスウェア関連デバイスの試作品が参考展示される予定。

■お客様ビジネスの変革を加速するIoTパッケージ「ユビキタスウェア」を開発 : 富士通
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/05/11.html