日立、IoTを活用しエネルギーを賢く管理する「EMilia」を紹介 – IoT/M2M展

By on 2015-05-15

DSC_0032

日立は「第4回 IoT/M2M展」にブース出展し、クラウド上で使用できるエネルギーマネジメントサービス「EMilia」の紹介を行った。

EMiliaは、建物内の設備から取得した電力使用量をクラウド上で確認できるほか、空調設備や照明設備の制御も可能なサービス。日ごとの電力使用状況などをグラフで可視化できるうえ、接続されている設備の電源オン・オフを遠隔から行えるという特徴を持つ。「スケジュール空調制御」機能を利用し、冷暖房の電源を切る時刻をあらかじめ設定しておくことで、建物内で消し忘れがあっても自動でオフになり、電力の無駄遣いを防ぐことも可能。

すでにビル管理会社を中心に導入が進んでおり、今後はより幅広い業種で展開していきたいという。

■統合エネルギー・設備マネジメントサービス 「EMilia」:インフラシステム:日立http://www.hitachi.co.jp/products/infrastructure/product_site/emilia/index.html