日立産機システム、IoT対応の産業用インクジェットプリンター「Gravis UX」シリーズを発売

By on 2015-05-18

日立産機システムは6月より、溶剤・補力液の消費量を抑えIoTにも対応した産業用インクジェットプリンター「Gravis UX」シリーズを発売する。

「Gravis UX」シリーズはプレミアム機、高機能機、ベーシック機の3機種をラインアップ。プレミアム機と高機能機では、Ethernet通信モジュールと付属のIJP通信ライブラリーを使用してネットワークシステムを簡単に構築でき、複数の本製品を一つのパソコンで集中管理して、設定や状態確認などを行える。

また、自社従来機とプレミアム機の溶剤消費量を比べると約50%の削減を実現し、環境性能も向上。インクや補力液ボトルをカートリッジ化したり、補充時の入れ間違いを防止する機能も備え、交換作業の負担を減らす仕組みも備えている。

■ニュースリリース:2015年5月18日:日立
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2015/05/0518.html