DeNA、無人運転タクシーの事業化を目指す新会社「ロボットタクシー」を設立

By on 2015-05-29

DeNAは29日、自動運転技術を活用した旅客運送事業の実現に向けて研究・開発を行う合弁会社「ロボットタクシー」をZMPと共同で設立した。

ZMPは、自動車の各センサーから情報を収集し、その情報をクラウド上で解析することで、クルマの運転を自動で制御する技術を開発している企業。今回設立したロボットタクシーでは、DeNAのインターネットサービスにおけるノウハウと、ZMPの自動運転に関する技術を連携させることにより、自動運転技術を活用したタクシーやバスを実現するための技術開発を進め、将来の利用者の開拓、利用促進を図る。

同社は事業化への第一段階として、自動運転技術の向上やサービスモデルの仮説検証などを目的とした実証実験を重ねていく予定。

■DeNAとZMP、自動運転技術を活用したロボットタクシー事業の実現に向けた合弁会社を設立 | 株式会社ディー・エヌ・エー【DeNA】
http://dena.com/jp/press/2015/05/12/1/