ロッカーの空き状況を常に把握できる「ロッカーコンシェルジュ」 – ワイヤレスジャパン2015

By on 2015-05-27

DSC_0016

富士アイティは、5月27日〜29日、東京ビッグサイトで開催されている通信関連の展示会「ワイヤレスジャパン2015」で、遠隔から複数のロッカーの空き状況や稼働状況を監視できるサービス「ロッカーコンシェルジュ」を披露した。

ロッカーコンシェルジュは、駅などに設置している各コインロッカーに内蔵したセンサーによって、空き状況や釣り銭のストックなどの情報をクラウドに送信、管理し、リアルタイムで把握できるようにするサービス。空き状況を駅構内の大型ディスプレイや専用スマートフォンアプリに表示することで、利用者は重い荷物を持って空きロッカーを探し回ることなく、空いているロッカーをすばやく見つけ出せる。

すでに東京駅や品川駅で実運用がスタートしており、最近では2015年3月に新宿駅で導入。今後もターミナル駅を中心に導入を進めたいとのこと。

■ロッカー監視サービス
http://fit-product.jp/article/14665388.html