ドライバーの眠気を検知する富士通製ウェアラブルセンサー – ワイヤレスジャパン2015

By on 2015-05-27

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワイヤレスジャパン2015の城山ブースでは、同社が販売する富士通製ウェアラブルセンサー「FEELythm」が展示されていた。

FEELythmは、ドライバーの眠気を検知して、安全運転を支援する運輸業向けのウェアラブルセンサー。本体を首の後ろにかけ、センサーを耳たぶ装着することで、脈波や自律神経などのバイタルデータを取得できる。バイタルデータを解析して眠気が検知されると、本体が振動してドライバー本人に通知されるとともに、スマートフォンまたは車載機「デジタコ」を経由して運行管理者にもメール通知が行われ、休憩などを指示することが可能になる。

本体重量は約90g。1日9時間の利用を想定して、5日間の連続利用が可能。ブースでは、センサー装着によるバイタルデータの取得や、通知時の本体の振動を体験することができた。

■FEELythm | 株式会社城山
http://www.shiroyama.co.jp/product/feelythm/