煙を検知してスマホに通知するスマートな火災感知器「Halo」

By on 2015-05-28

スマートフォンアプリと連携するWi-Fi搭載の火災感知器「Halo」が、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資を受け付けている。

Haloは、煙を検知すると、Wi-Fi経由で専用のスマートフォンアプリに通知してくれる火災感知器。外出先でも通知を受け取れるため、留守中であっても火災の規模が大きくなる前に素早い対応ができる。熱、湿度、一酸化炭素などを検知する複数のセンサーにより、正確かつ迅速な煙の検知を可能にしているのも特徴。天井に取り付けて使用し、単3電池4本で2年間動作するという。

28日現在、100ドルからの予約が可能。すでに目標金額は集まっており、残り日数は21日となっている。

■Halo- The World’s Safest & Smartest Smoke Alarm
https://www.indiegogo.com/projects/halo-the-world-s-safest-smartest-smoke-alarm