カヤック、企業のIoTプロダクト開発を支援する「IoT制作室」を開始

By on 2015-05-22

面白法人カヤックは21日、IoT関連の製品やサービスの開発を考えている企業を対象に、ヒアリングから製品化までを行うサービス「IoT制作室」を開始した。

IoT制作室は、IoTに関わる製品・サービスを受託開発する企業向けサービス。開発プロセスは、ヒアリング、リサーチ、アイデア出し、試作、製品化という流れになっており、IoT分野での実績がない企業のために、1カ月で試作まで行う「“お試し”IoT制作コース」も用意している。

同公式サイトでは、これまで同社が関わったIoTプロダクトの制作事例が紹介されており、天秤の片方に間取りなどの条件、もう片方に希望の家賃の情報が入った分銅を置くことで、予算内で条件に合う住居の検索ができる「すごい天秤」などを映像で見ることができる。

■面白法人カヤック「IoT制作室」オープン! IoTの制作なら、カヤックにお任せを。|ニュース|面白法人カヤック
http://www.kayac.com/news/2015/05/iot_lab