リコー、IoTへの応用も想定した「発電ゴム」の開発に成功

By on 2015-05-20

リコーは18日、圧力や振動によって発電する柔軟な材料「発電ゴム」の開発に成功したと発表した。加工など応用が効きやすく、その性能を生かしてIoT分野への進出を目指している。

「発電ゴム」は、柔軟性と発電性の高さが強みの発電材料。発電材料としては、圧力によって電気を生む高分子樹脂やセラミックスなどが活用されているが、高分子樹脂は柔軟だが発電性能が低く、セラミックスは比較的多くの電力を取り出しやすいが壊れやすく重いといった課題がある。しかし今回開発された「発電ゴム」はこれらの課題をクリアしているうえ、高分子樹脂以上の柔軟性とセラミックス並みの発電性能を有しているのが特徴。

さらに、「発電ゴム」は数百万回の繰り返し負荷試験でも性能劣化がないという耐久性も実現。加工性や生産性も優れているため設置場所の制約が少なく、多方面への活用も可能だという。同社では、センサーなどへ向けて本技術の実用化開発を進め、将来的にはIoT社会に有効な発電材料として役立てたいとする。

■柔軟性と高出力を両立する「発電ゴム」の開発に成功 | リコーグループ 企業・IR | リコー
http://jp.ricoh.com/release/2015/0518_1.html