NTTドコモとソフトバンクモバイル、IoT市場の発展を支援する「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立

By on 2015-05-01

NTTドコモとソフトバンクモバイルは30日、協同で「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立した。同団体は、複数のIoT機器を一元的に操作可能にする「GotAPI」の普及活動や機能検討を行い、拡大するIoT市場に寄与することを目指す。

GotAPIは、ウェアラブル機器やIoT機器をまとめて操作するアプリの開発を容易にするインターフェース技術。GotAPIを用いたアプリがインストールされたスマートフォンを使い、対応する複数のウェアラブル機器やIoT機器を操作できるようになる。

デバイスWebAPIコンソーシアムでは、企業へのGotAPIの利用促進、GotAPIに対応した機器やアプリの実用化支援などを行っていく。会員企業はNTTドコモ、ソフトバンクモバイルのほか、マイクロソフトや富士通など計27社。

■報道発表資料 : 「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立 | お知らせ | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/04/30_00.html

■「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150430_02/