Appleの「HomeKit」対応製品が複数登場

By on 2015-06-04

米国時間2日、Appleのスマートホーム向け規格「HomeKit」対応製品の第1弾が5社から発表された。

HomeKitは、iPhoneやiPadなどから自宅のさまざまな機器をコントロールする機能を提供するフレームワーク。HomeKit対応製品とiOS 8.1以降を搭載した端末を連携させることで、画面操作やSiriの音声認識を利用し、家電製品の電源オン・オフなどができる。

今回発表されたHomeKit対応製品は、ecobeeのサーモスタット「ecobee3」、Elgatoの空気中の情報をモニタリングするセンサー「Eve」、iHomeの電源タップ「SmartPlug」、Lutron Electronicsの照明を制御する機器「Caseta Smart Bridge」、InsteonのiOS端末と複数のHomeKit対応製品を接続するハブ「Insteon Hub Pro」となっている。

このうち、SmartPlugはWi-Fi搭載の1口電源タップで、同製品に接続した電化製品の電源オン・オフや消費電力の確認を専用アプリから行える。今回、HomeKitに対応することで、iPhoneやiPadからSiriを使った制御が可能になった。HomeKit版は6月15日より予約受付を開始する。

Appleは米国時間6月8日から開発者向けイベント「WWDC 2015」を開催する予定で、HomeKitに関連した新たな発表も期待される。

■Elgato Announces Eve – Wireless Home Sensors Built Exclusively for Apple HomeKit | elgato.com
https://www.elgato.com/en/news/elgato-announces-eve-wireless-home-sensors-built-exclusively-apple-homekit
■iHome: Discover: Smart Home
http://ihomeaudiointl.com/discover/smart_plug/
■Lutron Press Releases – Up-to-Date Light Control News and Information
http://www.lutron.com/en-US/Company-Info/Pages/News/Media-PressCenter/PressReleases/PressReleaseDetail.aspx?prid=679