バイタルデータを取得して体調管理やトレーニングに役立てられる「IoTポロシャツ」

By on 2015-06-17

Beat Communicationは17日、着用者のバイタルデータを取得できるセンサーを埋め込んだ「IoTポロシャツ」を発表した。

IoTポロシャツは、同社の運営するメンズファッションブランド「FORTUNA Tokyo」のポロシャツに生体センサーを搭載したもの。ポロシャツの袖の裏側にあるセンサーが心拍数などを計測し、専用のスマートフォンアプリと連携することで、日々の体調管理やトレーニングの記録をスマートフォン上で確認しながら行えるようにする。今後は、センサーで得た情報からユーザーの状況に合ったトレーニングメニューを提案するサービスの開発にも取り組むという。

■社内SNS導入実績No.1 Beat Communication(ビートコミュニケーション)
http://beat.co.jp/