ドコモとタカラトミー、自然な会話が成立するロボット「OHaNAS」を開発

By on 2015-06-04

NTTドコモとタカラトミーは4日、ドコモの「自然対話プラットフォーム」を活用し、人と会話できるロボット「OHaNAS」を開発した。

自然対話プラットフォームは、ドコモがスマートフォンの一機能として提供している「しゃべってコンシェル」の技術がベースとなったクラウド型システム。日本語の多様な表現を適切に読み取る“文章正規化機能”や、ユーザーとの対話から自動的に趣味や嗜好などを抽出する“ユーザー情報自動抽出機能”を備える。

OHaNASは、専用のスマートフォンアプリとBluetoothで連携し、内蔵スピーカーで取得したユーザからの発話データをスマートフォン経由で同プラットフォームに送信する。プラットフォーム上で発話データを分析し、答えとなる文章を生成したうえで、OHaNAS内蔵のマイクから返答する仕組み。ユーザーとの会話で正確な受け答えができるほか、昔話の読み聞かせや、しりとり遊びにも対応している。

同製品は、タカラトミーから2015年10月1日に発売予定。メーカー希望小売価格は19,800円(税抜)となっている。

■報道発表資料 : タカラトミーの新商品「OHaNAS」を共同で開発 | お知らせ | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/06/04_00.html