エアコンと生体センサーを使った高齢者住宅向け見守りサービス、パナソニックと富士通が共同実証へ

By on 2015-06-26

パナソニックと富士通は25日、パナソニックのクラウドサービス対応エアコンと、富士通の非接触型生体センサーを活用した高齢者住宅向け見守りサービスの実証実験を共同で行うと発表した。

実証実験では、パナソニック製エアコンと富士通製生体センサーを高齢者住宅の各部屋に設置。エアコンから取得した部屋の温湿度の情報と生体センサーによる入居者の睡眠状態などの情報をクラウドに集約し、施設の介護職員に提供するほか、熱中症危険温度や睡眠中の高頻度な覚醒を検知した際に通知する仕組みを構築する。

実験期間は2015年6月〜翌年5月で、パナソニックグループが運営するサービス付き高齢者住宅「エイジフリーハウス豊中庄内栄町」にて実施。実験を通じてサービスの効果検証を行った後、2016年中に他の高齢者住宅にも提供する予定。

■パナソニックと富士通、高齢者の居住空間向け見守りサービスの共同実証を開始 | プレスリリース
http://news.panasonic.com/press/news/data/2015/06/jn150625-1/jn150625-1.html