水中の映像を撮影できるホビー用潜水艦「SEAWOLF」

By on 2015-06-22

ホビー用ドローンメーカー、Thunder Tigerは、水中撮影できるラジコン潜水艦「SEAWOLF」の発売を予定している。

SEAWOLFは、小型アクションカム「GoPro」を取り付けることで、水中の撮影が可能になるラジコン潜水艦。スマートフォンまたは専用コントローラーからワイヤレスで操作できる。

2.4GHz帯での無線通信によりスマートフォンで操作するタイプと、5.8GHz帯無線を利用して専用コントローラーで操作するタイプの2種類のワイヤレスモデルを用意し、専用コントローラーは、内蔵の8インチ液晶ディスプレイでGoProの映像をリアルタイムに表示する。両モデルともに、電波が伝わりにくい海の中での撮影には、SEAWOLF本体とケーブル接続するボート型の通信用端末を利用可能。また、ワイヤレスモデルのほかに、30mケーブルで本体とコントローラーを直接接続する有線モデルも用意している。

価格、発売日は公式には未発表だが、複数の海外メディアによると、販売価格は999ドルで、2015年8月以降に発売予定。

■SEAWOLF | TTRobotix
http://ttrobotix.com/product/seawolf