ユカイ工学、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」 – Interop Tokyo 2015

By on 2015-06-11

DSC_0014

Interop Tokyo 2015と同時開催されているAPPS JAPAN 2015のDMM.comブースでは、ユカイ工学が開発したWi-Fi搭載のコミュニケーションロボット「BOCCO」が展示された。

BOCCOは、専用スマートフォンアプリと連携するWi-Fi搭載の見守りコミュニケーションロボット。玄関などのドアに取り付けた付属センサーが子供の帰宅を検知すると、Bluetoothを通じてBOCCO本体が情報を受けとり、Wi-Fi経由で専用アプリに通知する。親は外出先でも子供の帰りを知ることができるほか、専用アプリ上でテキストや音声を入力することで、BOCCOでメッセージの読み上げや再生が行われ、留守番中の子供ともコミュニケーションがとれる。

同製品は、DMM.comのロボット販売サイト「DMM.make ROBOTS」で予約販売を受け付けており、価格は2万9000円(税抜)。同ブースの説明員によると、7月に出荷を開始するという。

■BOCCO | ユカイ工学
http://www.ux-xu.com/product/bocco