カシオ、スマホに写真を自動送信するデジカメ「EXILIM」の新モデル発表

By on 2015-07-23

カシオ計算機は22日、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新モデルとして「EX-ZR3000」を7月31日に、「EX-ZR60」を8月28日に発売すると発表した。いずれも撮影した画像を自動でスマートフォンに転送できる機能「エクシリム オートトランスファー」を搭載している。

エクシリム オートトランスファーは、専用アプリ「EXILIM Connect」をインストールしたスマートフォンとカメラ本体をBluetooth連携して利用する機能。自動送信設定をオンにしておくことで、撮影した画像が自動でスマートフォンに転送され、画像をすばやくメールやSNSで共有できる。また、EXILIM Connectはリモート撮影機能を備えており、スマートフォンの画面を見ながらカメラ本体のシャッターを切ることも可能。

今回発表された2機種の新モデルでは、180度開く可動式の液晶モニターやレンズ横のシャッターボタンを搭載することにより、自分撮りも気軽に楽しめる。2機種のうちEX-ZR3000は、室内撮影や高速連写に適した裏面照射型CMOSセンサーを内蔵し、動き回る子供やペットであってもブレの少ない写真を撮れるのが特徴。一方、EX-ZR60で自分撮りする際は、窓際で撮影したようなイメージの「ハイキー」や、懐かしさを感じさせる「ノスタルジー」など5つのフィルター効果を加えられるセルフィーアート機能を利用できる。

EX-ZR3000はブラック、ホワイトの2色展開で、EX-ZR60はグリーン、ピンク、ホワイトの3色展開。2機種ともに価格はオープンとなっている。

■撮った画像を自動的にスマートフォンに送れる“エクシリム”2機種 – 2015年 – ニュースリリース – CASIO
http://www.casio.co.jp/release/2015/0722_zr3000_zr60/