Cerevo、IoT開発向けの超小型モジュール「BlueNinja」を発表

By on 2015-07-30

Cerevoは28日、ハードウェア開発用の製品をラインナップする同社ブランド「Cerevo Maker series」の第2弾として、小型のBluetoothモジュール「BlueNinja(ブルー・ニンジャ)」を発表した。

BlueNinjaは、Bluetooth通信機能を内蔵した東芝製SoC「TZ1001」のほか、加速度や地磁気などが計れる9軸センサーおよび気圧センサーを搭載するモジュール。本体サイズは幅11mm・奥行き37.5mm・高さ5.1mm、重さは約2gで、小型かつ軽量であることを特徴としている。リチウムイオン電池の充放電回路も備えており、リチウムイオン電池をバッテリーとすることで、活動量計をはじめとするIoT機器を簡単に製作できるという。

価格は4,890円(税別)。単体販売に加え、デバッガ付きブレイクアウトボードとセットになった開発キットを9,990円(税別)で販売する。同日より通販サイト「Cerevo official store」で受注を開始しており、8月上旬から順次出荷していく。

なお、8月1、2日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2015」の東芝FlashAirブースでは、BlueNinjaの展示が行われれる予定。

■試作から量産まで幅広くカバーしたIoT開発モジュール「BlueNinja」発表 | Cerevoからのお知らせ
http://info-blog.cerevo.com/2015/07/28/1219/