DNPとミライト、サイネージを活用した電子書店サービスを提供

By on 2015-07-03

大日本印刷とミライトは2日、ミライトが開発したデジタルサイネージ「PONTANA」上で、大日本印刷の電子書籍閲覧・販売サービスを提供すると発表した。サービス開始は2015年内を予定。

PONTANAは、ミライトが2015年6月に発表した公衆Wi-Fi機能付きデジタルサイネージ。Wi-Fiエリアに設置して使用し、ディスプレイに任意データの表紙画像を本棚のように並べて表示する。ユーザーが表紙画像にタッチすると、スマートフォンやタブレットの専用アプリにコンテンツがダウンロードされ、閲覧できる仕組みとなっている。

今回発表されたサービスでは、PONTANAによって電子書籍を気軽に体験できる機会を提供する。ユーザーはPONTANAから書籍の内容の一部をダウンロードして読めるほか、気に入った場合はDNPの電子書籍ストア「honto.jp」にアクセスして購入することも可能。

両社は、2020年度までに全国5万カ所への設置を目指し、将来的には利用者層などに応じて設置場所ごとの最適な本を表示するという。

■大日本印刷とミライト 公衆Wi-Fi機能付きデジタル情報スタンド「PONTANA(ぽん棚)」上で電子書籍を購入できる書店「honto.jp(ホントドットジェーピー)」の利用を可能に | DNP 大日本印刷株式会社
http://www.dnp.co.jp/news/10112198_2482.html