ドコモとGE、IoTソリューションの提供を目指し業務提携へ

By on 2015-07-08

NTTドコモとGEエナジー・ジャパンは8日、ドコモの通信モジュールとGEの産業用機器向けワイヤレスルーター「MDS-Orbitプラットフォーム(以下Orbit)」を組み合わせた新たなIoTソリューションの提供を目指し、業務提携に向けて覚書を締結したと発表した。

両社が提供を目指すIoTソリューションは、インフラ設備を有する民間企業や自治体が対象。インフラ設備に取り付けた各種センサーで情報を取得し、ドコモの通信モジュールを内蔵したOrbitを経由して、日本システムウエア提供の「Toami」やその他クラウドプラットフォームに送信。クラウドに送信されたインフラ設備の稼働データなどの情報が、遠隔からリアルタイムに監視できるようになるほか、ドコモがToami上で提供するアプリケーションを利用することで、スマートフォンやタブレット上でも確認可能になるという。

■報道発表資料 : GEとNTTドコモ、IoT分野での業務提携に向けた覚書を締結 | お知らせ | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/07/08_00.html