エプソン、山歩きに適したナビ機能付き腕時計「WristableGPS for Trek」

By on 2015-07-27

エプソンは27日、GPS機能を搭載したスポーツウォッチ「WristableGPS」シリーズから登山・トレッキング向けの「WristableGPS for Trek」を8月7日に発売すると発表した。

WristableGPS for Trekは、複数のセンサー情報を融合して高度な計測精度を実現する独自技術「センサー・フュージョン・テクノロジー」を搭載。GPS、地磁気、加速度、温度、気圧といった5つの内蔵センサーを使い、位置や高度などを高い精度で計測できる。また、3D標高ナビゲーション機能では、目的地まであとどれくらい登るのかを高低差も含め、視覚的にナビゲーションしてもらえる。

BluetoothまたはUSBで接続することで、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」やWebアプリケーション「NeoRun」とも連携可能。アプリ上ではナビゲーション機能で使用する登山ルートを作れるほか、登山後には歩行ペースや軌跡といった情報を確認することもできる。

ラインアップは、文字盤カラーがブラックの「MZ-500B」とシルバーの「MZ-500S」の2種類。価格はオープンとなっている。

■センサー・フュージョン・テクノロジー搭載「WristableGPS for Trek」新登場(2015年7月27日) | ニュースリリース | トピックス | エプソン
http://www.epson.jp/osirase/2015/150727.htm?fwlink=jptop_news_150727