誰でも発明家になれる電子工作キット「MESH」、一般販売開始

By on 2015-07-02

ソニーが開発した電子工作キット「MESH」は、同社が1日にオープンしたクラウドファンディングと通販のサービスを兼ね備えたサイト「First Flight」で一般販売を開始した。

MESHは、4種類のBluetooth対応小型ブロック「MESHタグ」とiPad向けの専用アプリ「MESHキャンパス」を連携させてアイデアを実現する電子工作キット。MESHタグはそれぞれ、加速度センサー、ボタンスイッチ、LEDライト、入出力端子を備え、MESHキャンパス上の簡単な操作で各ブロックに動作を割り当てられる。

身の回りのあらゆるものと組み合わせた使用を想定しており、例えば、加速度センサーのタグをキッチンの壁に、LEDライトのタグを子供部屋に取り付け、アプリ上で動作を設定することで、キッチンの壁をノックすると子供部屋のライトを光らせる仕組みができる。他にも、倒すと爆発音が鳴るジェンガや、ゴミを入れると「ありがとう」としゃべるゴミ箱が実現可能だという。

価格は、動きを検出する「MESH-100AC Moveタグ」、スイッチ機能をもつ「MESH-100BU Buttonタグ」、さまざまな色に光る「MESH-100LE LEDタグ」が5980円(税込)で、入出力端子をもつ「MESH-100GP GPIOタグ」が6980円(税込)。MESHキャンパスは、App Storeから無料で入手できる。

■MESH – 誰でも発明家になれるDIYキット | First Flight
https://first-flight.sony.com/pj/4/MESH