Google、新たなビーコン規格「Eddystone」を開発者向けに発表

By on 2015-07-15

overall-graphic-070915

Googleは米国時間14日、BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコン規格「Eddystone」を同社ブログ「Android Developers Blog」で発表した。

ビーコンは、専用端末とスマートフォンがBluetoothで通信してユーザーの位置情報を特定する技術で、主に小売店の販売促進ツールとして活用されている。例えば、店舗に専用端末を設置することで、近くを通ったユーザーに店舗情報やクーポンを配信できる。この時、ユーザーは事前にその店舗の専用アプリをインストールし、持ち歩く際にはBluetooth通信をオンにしておく必要がある。

ビーコン規格としては、Appleが「iBeacon」をiPhone/iPad用に発表している。iBeaconは、iOS 7から標準搭載された機能で、ビーコン端末と対応iOSアプリによりさまざまなサービスを実現できる。

Googleが発表した「Eddystone」はこのiBeaconの対抗馬となる模様。Androidデバイスだけでなく、iOSデバイスでも使用できるのが特徴となっている。今回、開発者向けにAPIが公開され、対応アプリなどが開発可能となった。同社のサービスでも対応していくとしており、例えばGoogle Nowでは、ユーザーがレストランに入店すると、その店のメニューを表示するような機能を追加予定だという。

■Lighting the way with BLE beacons | Android Developers Blog
http://android-developers.blogspot.jp/2015/07/lighting-way-with-ble-beacons.html?linkId=15518916