「iOS 9」のパブリックベータ版公開、「Android M Developer Preview」もアップデート

By on 2015-07-10

Appleは米国時間9日、iPhoneやiPadで動作するiOSの次期バージョン「iOS 9」のパブリックベータ版を公開した。また、Googleは同日、開発者向けに提供している「Android M Developer Preview」をアップデートした。

iOS 9は、6月に行われたAppleの開発者会議「WWDC 2015」で発表され、2015年秋にリリースを予定している次期iOS。音声アシスタント機能「Siri」は、写真やリマインダーなどの純正アプリと連携し、より多くのリクエストに対応できるようになる。例えば、「1月の京都旅行の写真を見せて」という要求に応えたり、大事なメールを書いている途中で急な用事ができた際、「今日の夜これを思い出させて」と言うだけでリマインダー通知を頼むことができる。パブリックベータ版は、品質向上のためのフィードバック収集を目的に公開されており、Apple Beta Software Programに登録すれば誰でもインストール可能。

一方「Android M Developer Preview」は、Android端末の次期OS「Android M」の開発者向けプレビュー版。今回のアップデートでは、Siriのようなパーソナルアシスタント「Google Now」の新機能「Now on tap」が使用可能になった。Now on tapは、ホームボタンを長押しすることで起動し、その時のユーザーの利用状況に合った情報を表示する機能。例えば、ある映画への誘いのメールを見ている状態で起動すると、その映画のレビューサイトへのリンクが表示される。さらに、「OK、Google」のフレーズに続けて音声で質問し、音楽アプリで再生している楽曲のバンドのボーカル名を明らかにするといった使い方などができる。なお、Android Mの正式版のリリースは、2015年第3四半期を予定している。

■Apple Beta Software Program
https://beta.apple.com/sp/betaprogram/

■Android M Developer Preview とツールについて – Google Developer Japan Blog
http://googledevjp.blogspot.jp/2015/07/android-m-developer-preview.html