JR東日本アプリと音声ビーコンを活用した「山手線ポケモンデジタルラリー」が開催

By on 2015-07-23

ジェイアール東日本企画は22日、JR東日本アプリと音声ビーコンを使った「山手線チェックイン機能」を活用し、「JR東日本アプリでGET!山手線ポケモンデジタルラリー」を開催すると発表した。開催期間は8月1日(土)の9時30分から8月20日(木)の16時30分まで。

山手線チェックイン機能では、山手線の各車両に設置された音声ビーコンの信号をスマートフォンアプリで識別することで、乗車中の列車および号車を判定。NTTドコモが開発した「Air Stamp」技術を採用しており、過去にはNTTドコモのポイントアプリ「ショッぷらっと」や、サントリー製品が当たる抽選アプリ「SUNTORY山手線LUCKY TRAIN」と連携したキャンペーンで活用されている。

今回のキャンペーンは、9月発売予定のニンテンドー3DS用ソフト「ポケモン超不思議のダンジョン」とのコラボレーション企画。山手線の車内でスマートフォンのJR東日本アプリを使用し、ゲームに登場するポケモンの“アプリ限定デジタルバッジ”を集めていく。山手線の全編成ごとに異なるポケモンのバッジが入手でき、どのバッジが手に入るかは実際に乗車するまで分からない仕組みになっている。

なお、バッジは全部で20種類存在し、全てのバッジを揃えるとスマートフォン用の限定壁紙がプレゼントされる。

■ニュースリリース|jeki(株)ジェイアール東日本企画
http://www.jeki.co.jp/info/detail/?id=539