レンズの濃度を自動調節するサングラス「SKUGGA」が登場

By on 2015-07-06

周囲の明るさに応じてレンズを最適な濃度に変化させるサングラス「SKUGGA」が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場した。

SKUGGAは、内蔵の環境光センサーによって、レンズの濃さを周りの明るさに適応させるサングラス。運転中にトンネルを通る時など、周囲の明るさが変化した際、自動でレンズ濃度が調節され、常に快適な視界をキープできる。また、自動調節モードのほかに、専用のスマートフォンアプリから好みのレンズ濃度を設定する「マニュアルモード」も用意されている。

6日現在、2,049スウェーデンクローナから予約可能。目標金額の9%が集まっており、残り日数は24日。

■SKUGGA: Sunglasses with Variable Electronic Tint Control by SKUGGA Eyewear — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/skuggaeyewear/skugga-sunglasses-with-variable-electronic-tint-co