NECがIoT事業を強化、5種のIoTソリューションを開発

By on 2015-07-24

NECは23日、新たに5種類のIoTソリューションを開発し、順次販売を開始すると発表した。また、2020年までにIoT関連のシステム構築を行う中核的な要員を現在の約100人から約500人に増員する計画も明らかにした。

同社では、まずは同日より物流業界を対象とした「画像・重量検品ソリューション」を、7月末には新電力会社に向けて「電力需要予測ソリューション」を発売。その後は、2015年度下期に官公庁・自治体向けの「土砂災害検知・予測ソリューション」と小売・サービス業界向けの「VIP検知接客支援ソリューション」、2016年度には自治体・水道事業者向けの「水需要予測ソリューション」の販売開始を予定している。

同社は、ビッグデータ、クラウド、サイバーセキュリティなどの分野における強みを活かし、今後もIoT事業を強化していくとしている。

■NEC、IoT事業を強化IoTソリューションメニューと体制を拡充 (2015年07月23日):プレスリリース | NEC
http://jpn.nec.com/press/201507/20150723_01.html