患者の状態を遠隔からチェックする「スマートベッドシステム」来春受注開始へ

By on 2015-07-14

パラマウントベッドは14日、ベッドに寝ている患者の脈拍数や呼吸数を測定し、さまざまな生体情報の一元管理を可能にするシステム「スマートベッドシステム」を医療機関向けに提供すると発表した。受注開始は2016年春を予定。

スマートベッドシステムは、非接触センサーによってベッド上にいる患者の脈拍数、呼吸数、睡眠状態を計測し、電子カルテやスタッフステーションに情報を送信するシステム。体温計や血圧計などテルモ製の通信機能付き測定機器と連携することで、体温や血圧なども取得でき、センサーで計測した情報と合わせて電子カルテでの一元管理が可能となる。また、患者それぞれの生体情報はスタッフステーションの専用端末やモバイル端末などでまとめて扱えるようになるため、病院スタッフは病棟全体の状況をリアルタイムで把握できる。

同社は7月15日(水)〜17日(金)に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2015」に出展し、スマートベッドシステムのプロトタイプを展示するとしている。

■スマートベッド™システム、来春受注開始へ | お知らせ一覧 | PARAMOUNT BED
http://www.paramount.co.jp/news/detail/7252/