スマートロック「Akerun」、スマートではないガラケーでも鍵の開閉が可能に

By on 2015-07-24

d11385-7-865816-0

フォトシンスは23日、後付型スマートロック「Akerun(アケルン)」と接続するIoTゲートウェイ「Akerun Remote(アケルンリモート)」の提供を開始した。

Akerunは、2015年4月に発売されたBluetooth対応スマートロック。ドアのサムターン部分に取り付けることで、スマートフォンの専用アプリから鍵を開閉することができる。また、専用アプリにはオーナーの留守中でも開錠できるよう、ゲストに鍵の権限を受け渡す機能が備えられている。

今回発表されたAkerun Remoteは、ソフトバンク コマース&サービスとNTTドコモが提供するSIMカードに対応したIoTゲートウェイ。Akerun Remoteを中継することでAkerunがインターネットに常時接続され、これによりスマートフォン以外にも、PCやフィーチャーフォンといったWebにアクセスできるすべての端末での鍵の開閉が実現する。

Akerun Remoteの導入により、オーナーとゲストで鍵の権限を受け渡しする際の手順も簡略化。ゲストはオーナーから送られてきた専用のURLにアクセスするだけで、鍵の権限を受け取れる。また、専用アプリのダウンロードや初期登録も不要になり、ホテルやシェアスペースでAkerunを使用する際の利便性が向上した。このほか、「Akerunオンライン鍵管理システム」を使った鍵の遠隔操作が可能となっている。

なお、同日にはAkerunが8月下旬より法人向けに提供されることも明らかにされた。ソフトバンク コマース&サービスが販売代理店となる。今後、フォトシンスはAkerunとAkerun Remoteを活用した法人向けサービスを提供していくことで、オフィスや店舗での利用拡大を目指すという。

■スマートロック「Akerun」、ソフトバンクC&Sと提携し オフィスや店舗などの法人向けサービス開始 SIM搭載のIoTゲートウェイで PC・フィーチャーフォンなど全てのWeb端末に対応 | 株式会社フォトシンス(Photosynth Inc.) | スマートロックロボット「Akerun」
http://photosynth.co.jp/online-key-system/