ぷらっとホーム、「IoTクラウドベーシックセット」でIoTに必要なものを一括提供

By on 2015-07-30

ぷらっとホームは28日、企業がIoTを導入する際に必要なセンサーやクラウドサーバーなどをパッケージ化した製品「IoTクラウドベーシックセット」を発売した。

IoTクラウドベーシックセットは、IoTの導入に必要となる5つの製品・サービスがワンパッケージになったもの。温度や加速度などを計測する「センサー」、センサーとサーバーを中継する「IoTゲートウェイ」、サーバーにデータを送信するための「通信回線」、データを受信する「クラウドサーバー」、クラウド上のデータを可視化する「分析アプリ」が用意されている。センサーやアプリケーションはそれぞれ独立して提供されるため、センサーの種類を追加したり、アプリケーションを個別に変更するなど、運用の仕方に合わせたさまざまな拡張にも対応可能だ。

30日現在、通信回線としてNTTドコモ回線を使用する「IoTクラウドベーシックセット for ドコモ」と、ソフトバンク回線を使う「IoTクラウドベーシックセット for ソフトバンク」の2製品を発売中。両製品ともにクラウドサーバーの利用期間に応じて製品価格が変動し、3カ月9万8000円、6カ月12万8000円、12カ月14万8000円(すべて税別)となっている。

■ぷらっとホーム、ドコモ回線に対応した「IoTクラウドベーシックセット」を発売開始
http://www.plathome.co.jp/about/press/1507_02.html

■ぷらっとホーム、IoTクラウドベーシックセット forソフトバンクを発売開始
http://www.plathome.co.jp/about/press/1507_04.html