SMBC日興証券がPepperを導入、店舗での接客やセミナーの司会進行に活用

By on 2015-07-23

SMBC日興証券は23日、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を導入し、店舗での接客やセミナーの司会進行などで活用していくと発表した。2015年8月より一部店舗で試験導入を開始する。

同社が導入するPepperは、ソフトバンクロボティクスとよしもとロボット研究所が開発協力した独自のアプリケーションを搭載しており、思わず笑ってしまうような会話の切り返しや、金融にまつわるクイズの出題が可能。8月24日に本店、8月26日に八重洲支店で開催される社会学習プログラム「家族でワクワク体験DAY2015」にて、今回導入されるPepperとのコミュニケーションを体験できるという。

試験導入する店舗は、本店、札幌支店、柏支店、八重洲支店、新宿支店、横浜支店、大阪支店、京都支店、神戸支店、福岡支店の10店舗。

なお、同社以外のPepper導入企業としては、ネスレ日本やみずほ銀行があり、コーヒーマシンの販売や店頭での接客に活用されている。

■SMBC日興証券、独自のアプリケーションを搭載した「Pepper」を導入
http://www.smbcnikko.co.jp/news/release/2015/pdf/150723.pdf