ソニーモバイルとZMPが合弁会社設立、ドローンを使った法人向けサービス提供へ

By on 2015-07-22

ソニーモバイルコミュニケーションズとZMPは22日、自律型無人航空機を使った産業用ソリューションを開発・提供するための協業に合意し、合弁会社「エアロセンス」を2015年8月初旬に設立すると発表した。

今回、IoT市場を見据えた事業に注力するソニーモバイルと「Robot of Everything あらゆるものにロボット技術を応用し、安全で、楽しく、便利なライフスタイルを創造する」をミッションとするZMPが協業。カメラ、センシング、通信ネットワークなどの分野でのソニーモバイルの技術、自動運転、ロボット技術、産業分野におけるZMPのビジネス経験を活用し、新たなサービスの創出を図る。

新たに設立されるエアロセンスでは、自律型無人航空機による画像撮影と、クラウドでの画像データの処理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・提供を目指す。具体的には、測量、調査、設備点検などで利用できるトータルソリューションを開発し、2016年より法人向けに提供していく計画だとしている。

なお、ZMPは2015年5月に自動運転分野でDeNAと協業し、無人運転タクシーの事業化を目指す合弁会社「ロボットタクシー」を共同で設立している。

■ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2015/0722_1.html