東芝、音声や映像から人の意図と状況を解釈するクラウドサービス「RECAIUS」

By on 2015-07-03

東芝は2日、会議内の重要な発言だけ抽出したり、カメラ映像内の人の行動に合わせて案内を表示することを可能にするクラウドサービス「RECAIUS(リカイアス)」を発表した。

RECAIUSは、音声や文章に含まれる言葉、映像に含まれる人の動きを分析し、意図や状況を解釈するクラウドサービス。同社が長年培った音声認識、音声合成、顔・人物画像認識などの技術を融合したサービスで、さまざまな用途で活用できるとしている。第1弾として、視覚障がいをもつ人々向けに書籍の文章を音声化する「音訳エディタ」と、講演や会議を録音したデータの書き起こしを支援する「音声書き起こしエディタ」を2015年10月よりクラウド上で提供する。

その後は、音声をリアルタイムで他言語に翻訳する「同時通訳機能」や、人物の年齢や性別を検知する「人物検出機能」などを順次提供していく予定。

■音声や映像から人の意図と状況を理解し、人に伝えるクラウドサービス「RECAIUS」を提供開始|インダストリアルICTソリューション
http://www.toshiba.co.jp/cl/news/news201507_01.htm