自動で動画編集できるアクションカメラ「graava」、予約受付開始

By on 2015-08-07

米Graavaは米国時間5日、ハイライト動画を自動で作れるアクションカメラ「graava」の予約受付を開始した。

graavaは、スマートフォンの専用アプリと連携するアクションカメラ。バイクや自転車を運転する際、車両やヘルメットに装着して使用することで、ドライバー視点の映像を撮影できる。カメラ本体にはイメージセンサーやマイク、加速度計などを搭載しており、撮影中にシーンの転換、運転スピードの加速、環境音の変化などを感知可能。ユーザーは専用アプリで動画の尺を決めるだけで、感知した情報をもとに撮影した映像が編集され、ハイライト動画を自動で制作できるという。

現在は事前予約の特別価格として249ドルで注文を受け付けている。出荷開始は2016年2月以降の予定。

■Let Graava save your best memories
https://getgraava.com/index.html