インクリメントP、地域高齢者の移動手段に自動運転車活用へ

By on 2015-08-10

インクリメントPは10日、過疎地、高齢化地域における自動運転車の実用化を視野に入れた実証実験プロジェクトを発表した。同プロジェクトは金沢大学と共同で行われる。

同実証実験で用いられる自動運転車には、ドライバーが目的地を設定すると自動で目的地に到着できるシステムが組み込まれる予定。インクリメントPと金沢大学が“自動運転支援地図”を共同開発することで、同システムと地図情報を協調制御し、目的地までのルート探索や、車線変更、交差点右左折、信号などの交通規制を遵守することが可能になるという。

同プロジェクトでは、2020年頃を目処に、自動運転車が地域高齢者の移動手段として利用可能であるか検証したいとしている。

■インクリメントP 自動運転支援地図の開発に着手過疎・高齢化地域での自動運転利用を視野に金沢大学と共同プロジェクト | 最新情報
http://www.incrementp.co.jp/news/press/20150810.html