表情豊かな家庭向けロボ「BUDDY」がIndiegogoで人気

By on 2015-08-12

家庭での利用を想定した多機能ロボット「BUDDY」が、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で人気を博している。

BUDDYは、Wi-Fi、Bluetooth機能を備えた移動式のコミュニケーションロボット。音声認識と音声合成を活用して人と会話でき、頭部に搭載したディスプレイに会話内容に応じたさまざまな表情を映し出す。音声による指示で料理のレシピやその日の天気予報などを教えてくれるほか、ユーザーの外出中には家中を動き回り、内蔵カメラで映像を撮影することで、スマートフォンからリアルタイムに家の様子を確認できるようにする。

さらに、BUDDYに指示してスマート家電の電源をオンオフできるスマートホーム向けの機能や、かくれんぼや計算ゲームを一緒に楽しめる子供向けの機能も利用可能。頭部のディスプレイ、内蔵のマイク・スピーカーを使ったビデオ通話にも対応する。

12日現在、価格は749ドルから。すでに目標金額の408%が集まっており、残り日数は25日となっている。

■BUDDY : Your Familys Companion Robot | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/buddy-your-family-s-companion-robot