JAL、IoTを活用した作業者安全管理サービスの実証実験を開始

By on 2015-08-17

日本航空、NTTコミュニケーショズ、東レは17日、空港における屋外作業者の体調管理や安全確保を目指し、IoTを活用した安全管理システムの共同実証実験を開始すると発表した。

同実験は、那覇空港にて荷物の輸送や航空機誘導などの空港地上支援業務に携わる作業者を対象に行われる。作業者は東レとNTTが開発した機能繊維素材「hitoe」を使った衣服を着用することにより、作業中の心拍数や心電位が計測されクラウドへ送信。管理者は遠隔から作業者のバイタルデータをリアルタイムで確認することが可能となる。

実証実験の結果を踏まえたうえで、日本航空は同システムの導入を検討するほか、東レは2015年度中にサービスの事業化を図るという。

■2015年08月17日 IoTを活用した作業者安全管理サービス実用化に向けて那覇空港にて共同実証実験を開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201508/003459.html