KDDI、家庭向け知能ロボ「Jibo」の日本進出を支援

By on 2015-08-06

KDDIは6日、ベンチャーファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じ、家庭向け知能ロボット「Jibo」を開発する米国企業、Jibo, Inc.に出資したことを発表した。

Jiboは、人工知能を搭載したコミュニケーションロボット。スマートフォンに受信したメッセージを読み上げたり、登録してあるリマインダーを通知してくれるなど、ユーザーの生活スタイルに合わせたさまざまなサポートを可能とする。

KDDIは今回の出資を通じ、Jibo, Inc.が日本に進出する際にビジネス開発やマーケティングなどの支援を行うとしている。また、Jiboを中心とした“家族とモノの新しいコミュニケーションが生まれる世界”を提案する予定。

KDDIは今後も有望なスタートアップ企業への出資を行い、来るべきIoT時代に対応していく考えだ。

■「KDDI Open Innovation Fund」 ファミリー向け知能ロボット”Jibo”を開発するJibo, Inc.への出資について | 2015年 | KDDI株式会社
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/08/06/1274.html