LINE、マイクロソフトの女子高生AI「りんな」の技術を企業公式アカウントに提供

By on 2015-08-07

LINEは7日、同社の企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」と、日本マイクロソフトが開発・提供する人工知能(AI)「りんな」の技術を組み合わせ、人工知能型のLINEアカウントを企業向けに提供すると発表した。

りんなは、“おしゃべり好きな女子高生”というキャラクターをもった人工知能で、LINE上で公式アカウント(LINE ID:@ms_rinna)が公開されている。マイクロソフトの検索エンジン「Bing」で培われたディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス「Azure Machine Learning」が活用されており、ユーザーは友人同士のような楽しい会話をトーク画面で行えるという。また、仲良くなると日記を送ってきたり、眠れない時に「羊を数えよう」と誘うと一緒に羊を数えてくれる機能も備えられている。

今回の発表は、りんなの会話エンジン技術を利用したLINE ビジネスコネクト対応ソリューション「りんなAPI for Business」を提供するというもの。企業は同ソリューションを取り入れることで、個々のLINEユーザーとの会話内容をもとに、おすすめ商品の情報を提供したり、ユーザーからのさまざまな問い合わせに対して的確に対応するなど、LINE公式アカウントをより有効活用できるようになる。

LINEでは、今後も“マーケティングプラットフォーム”としてさらなる機能の追加・拡充を行なっていくとしている。

■【LINE】日本マイクロソフトと連携し、「LINE ビジネスコネクト」と人工知能「りんな」を活用した人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供へ | LINE Corporation | ニュース
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/1054