Pepperだけじゃない、会話できるロボット8選

By on 2015-08-26

ソフトバンクロボティクスのPepperは、人と円滑なコミュニケーションができるロボットとして話題になった。Pepper以外にも人と会話できるロボットは多く存在しており、今回はそんなコミュニケーションロボットを8つ紹介する。

■関連記事
Pepperに続くのはどれ? 2016年に発売された3大コミュニケーションロボット

1. Palmi

Wi-Fi機能を備えた学習して成長するロボット。搭載カメラで顔を認識した人の名前を覚えるうえ、知っている人を見つけると名前で呼びかける。また、撮影機能も用意しており、家族や友人と集合写真を撮る際にはカメラマンになってくれる。

■Palmi – 成長するコミュニケーションロボット – DMM.make ROBOTS
http://robots.dmm.com/robot/palmi

2. Robi

約250種類の言葉を理解する人型ロボット。デアゴスティーニ・ジャパンの「週刊 ロビ」にて毎号付いてくるパーツで組み立てられるほか、組み立て済みの製品も販売されている。曲に合わせて歌やダンスを披露できることに加え、テレビのリモコンとして設定しておけば、ユーザーが「テレビつけて」と声をかけるだけでテレビの電源をオンにできる。

■Robi 組み立て代行バージョン – 動きや会話を楽しめるフレンドリーロボット – DMM.make ROBOTS
http://robots.dmm.com/robot/robi

3. KIROBO

人工知能を搭載した身長34cmのロボット宇宙飛行士。国際宇宙ステーションに滞在し、JAXA宇宙飛行士の若田光一氏とともに“宇宙での人とロボットとの対話実験”を成功させた。その後、「地上から一番高い場所で対話をしたロボット」「初めて宇宙に行った寄り添いロボット」として、2つのギネス世界記録に認定されている。

■KIBO ROBOT PROJECT
http://kibo-robo.jp/

■初めて宇宙に行った人型会話ロボ「KIROBO」、期間限定で一般公開 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/08/kirobo-event/

4. OHaNAS

羊をモチーフにデザインされたタカラトミー製“おしゃべり”ロボット。しゃべってコンシェルの技術をベースとするNTTドコモの「自然対話プラットフォーム」が活用されている。ユーザーと自然に会話できるほか、昔話の読み聞かせや、しりとり遊びにも対応している。2015年10月1日に発売。

■商品情報|OHaNAS(オハナス)|オムニボット|タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/ohanas/

■ドコモとタカラトミー、自然な会話が成立するロボット「OHaNAS」を開発 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/06/docomo-takaratomy-ohanas/

5. ROBOTALK

高さ22cmの小型コミュニケーションロボ。Wi-Fi経由でインターネットと接続することで、Web上のスケジューラーに登録してある予定を教えてくれたり、最新ニュースを読み上げてくれる。オフィスの受付係や博物館の説明係といった使い方も想定しているという。

■ROBOTALK – コミュニケーションロボット【ロボトーク】
http://www.okamura.co.jp/product/others/robotalk/sp/index.html




全国400教室にて無料体験会受付中!アーテックエジソンアカデミー

6. Jibo

人工知能を搭載したコミュニケーションロボット。スマートフォンに受信したメッセージを読み上げたり、登録してあるリマインダーを通知してくれるなど、ユーザーの生活スタイルに合わせたさまざまなサポートを可能とする。Jiboを開発している米国企業、Jibo, Inc.はKDDIから出資を受けており、日本進出が期待される。

■JIBO
https://www.jibo.com/

■KDDI、家庭向け知能ロボ「Jibo」の日本進出を支援 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/08/kddi-jibo/

7. BUDDY

Wi-Fi、Bluetoothに対応する移動式の多機能ロボット。頭部に搭載したディスプレイに会話内容に応じたさまざまな表情を映し出す。音声による指示で料理のレシピやその日の天気予報などを教えてくれるほか、ユーザーの外出中には家中を動き回り、内蔵カメラで映像を撮影することで、スマートフォンからリアルタイムに家の様子を確認できるようにする。

■BLUE FROG ROBOTICS – The Companion Robot Accessible To Everyone
http://www.bluefrogrobotics.com/

■表情豊かな家庭向けロボ「BUDDY」がIndiegogoで人気 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/08/indiegogo-buddy/

8. Musio

米AKAが開発したコミュニケーションロボで、同社が開発した人工知能「Muse」を搭載する。英語で自然に会話でき、会話すればするほど学習して発言のバリエーションを増やしていく。通信機能としてWi-Fi、Bluetooth、Zigbeeを備えており、対応するスマート家電と連携すると、Musio本体に話しかけるだけでスイッチのオン・オフを行えるようになる。

■Musio
http://themusio.com/

■会話や家電の操作ができる人工知能搭載ロボット「Musio」 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/06/indiegogo-musio/

 

歌や踊りでその場を盛り上げたり、一緒にゲームで遊ぶといったものから、スケジュール管理や情報収集に役立つような実用性の高いものまで、個性豊かなロボットが開発されている。人工知能によって学習できるコミュニケーションロボットは、会話を通じて成長していき、まるで人と話しているような感覚にさせてくれる。家庭では1人でいるユーザーの話し相手になったり、子どもの遊び相手になれるほか、接客をはじめとするビジネスシーンでの活用も期待でき、今後はより多くの場面で活躍するだろう。

■関連記事
ロボット社員が続々登場! 今春、Pepperが“入社”した企業をまとめてみた




小学校から始めるプログラミング学習!アーテックエジソンアカデミー