NEC、ビッグデータを活用して業務を支援する人工知能ソフトウェアを発売

By on 2015-08-24

NECは21日、高精度な画像認識やデータ関連性の分析を行う人工知能技術「ディープラーニング(深層学習)技術」を搭載したソフトウェア「NEC Advanced Analytics – RAPID機械学習 V1.1」を企業向けに発売した。

同製品は、事前に手本となるデータを読み込むことで、データの傾向を自動で学習可能。カメラ画像から不審者を検出できる「画像解析版」と、求職者と企業の効果的なマッチングを実現する「人材マッチング版」の2種類を用意している。

画像解析版では、カメラで撮影した画像を学習させておくと、検出したいシーンを高精度で判別・検知できる。交通監視、店舗内監視、工場の検品といった業務への適用を考えているという。

一方、人材マッチング版は、エントリーシートや企業の人事データなどから求職者と求人企業の関係性を学習し、求職者には求人企業の紹介、企業には人材発掘の支援を行う。人材仲介業や企業の人事業務などでの活用が想定されるとしている。

価格は、画像解析版が530万円(税別)からで、人材マッチング版は560万円(税別)から。従来は10数台のサーバーが必要であった機械学習システムのデータ量を圧縮しており、1台のサーバーで導入できるという。

■【NEC報道資料】 自動でデータの傾向を学習する人工知能ソフトウェアを発売~ 高速処理を実現しサーバ1台から導入可能 ~|日本電気株式会社のニュースリリース
http://www.news2u.net/releases/138672