オムロン、赤ちゃんやペットを見守るネットワークカメラ「家族目線」を発売

By on 2015-08-31

オムロンは25日、一般家庭での利用を想定した小型ネットワークカメラ「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線(HVC-C2W)」を9月11日に発売すると発表した。

HVC-C2Wは、スマートフォンの専用アプリと連携する手のひらサイズのネットワークカメラ。画像センシング技術「OKAO Vision」を活用することで、人の動きや表情の変化を検出し、Wi-Fi経由でアプリに通知してくれる。赤ちゃんのぐずりそうな表情や、子供が帰宅したタイミングを通知できるため、家庭内の見守りに役立てることが可能。

専用アプリは用途別に複数用意されており、第1弾として赤ちゃん向けの「家族目線 赤ちゃん」、ペット向けの「家族目線 ペット」が公開される。家族目線 赤ちゃんでは、笑顔を自動認識して撮影・通知する設定にしたり、撮りためた写真をスライドショーで表示できるほか、家族目線 ペットでは、ペットの動いた領域をグラフィック表示する機能を備えるという。第1弾の公開後は、家族の帰宅や留守番中の子どもの様子などを確認できる「家族目線 おるすばん(仮称)」をリリースする予定。

カメラの本体価格は、2万9800円(税込)。まずはamazonにて発売し、その後9月中には楽天市場でも販売するとしている。

■スマートフォンで家族を見守る ネットワークカメラセンサ 新発売 ~「家族目線」で安心・安全な暮らしをサポート~ | オムロン
http://www.omron.co.jp/press/2015/08/e0825.html