パイオニア、ユーザーの乗車をビーコンで認識する自動車業界向けサービスを開発

By on 2015-08-31

パイオニアは31日、アプリックスのビーコン技術を利用した自動車業界向けサービス「クルマDEビーコン サービスプラットホーム」(以下、クルマDEビーコン)を開発したと発表した。

クルマDEビーコンは、ユーザーのスマートフォンと車内に設置するビーコン端末を活用した事業者向けサービス。専用アプリがインストールされたスマートフォンを持って乗車すると、ビーコン端末によって自動で専用アプリが起動し、クラウドに接続。事業者は車が走行しているエリアに合わせた情報配信や、運転データの分析などが可能となる。

すでに東京海上日動火災保険での採用が決まっており、自動車保険契約者向けの「事故時連絡支援サービス」に使われる予定。同サービスでは、スマートフォンが一定以上の衝撃を検知した際、保険代理店や東京海上日動のコールセンターの連絡先を専用アプリを通じて自動で表示し、ユーザーはワンタップで連絡できる。同時に、現在地情報も自動で送信される仕組み。

パイオニアは、国内外のロードサービス事業者、整備事業者、カーディーラー事業者などに、クルマDEビーコンの活用提案を行っていくとしている。

■業界初、自動車向けビーコン端末を活用したテレマティクス・ソリューション「クルマDEビーコン サービスプラットホーム」を開発
http://pioneer.jp/corp/news/press/2015/pdf/0831-1.pdf