注目すべき国内外のスマートロック5選

By on 2015-08-06

主にスマートフォンを鍵として使えるスマートロック。ここでは注目すべきスマートロック製品5つをまとめてみた。

1. Akerun

iOS/Android向けの専用アプリとBluetooth通信し、サムターン付きドア錠を操作可能。IoTゲートウェイ「Akerun Remote」を合わせて利用することで、PCやフィーチャーフォンなどでも鍵を開閉できる。ゲストに鍵の権限を受け渡す機能も用意。

価格:3万6000円(税別)
メーカー:フォトシンス

■Akerun | スマートロック
https://akerun.com/

■日本ユニシス、スマートロック「Akerun」を活用した無人管理ワーキングスペースを検証 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/06/unisys-akerun-coworking/

■スマートロック「Akerun」、スマートではないガラケーでも鍵の開閉が可能に – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/07/photosynth-akerun/

2. Qrio Smart Lock

Akerunと同じく専用アプリと連携して使用する。LINEやFacebookのメッセージ機能を使って、家族や友だちと鍵の権限をシェアできる。

価格:1万8000円(税別)※2015年9月7日発売予定
メーカー:Qrio

■Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)製品情報 | Qrio製品情報
http://qrio.me/smartlock/

■リノべる、Qrioとスマートハウス事業で提携 – スマートロックをショールームに設置 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/07/renoveru-qrio/

3. NinjaLock

サムターンの上から両面テープを使って取り付ける。スマートフォン、PC、フィーチャーフォンからBluetoothまたはWi-Fi経由で操作可能。複数ユーザーで鍵を共有したり、一時的に鍵の権限を貸し出す機能も用意している。

価格:1万9800円(税別)
メーカー:ライナフ

■NinjaLock
https://www.ninjalock.me/

4. August Smart Lock

米国で販売されているスマートロック。鍵の開閉履歴を専用アプリで確認できるほか、ゲストに鍵の権限を受け渡す機能も用意。2015年8月にはApple Watchからの開け閉めにも対応した。円形のシンプルなデザインも特徴的で、本体カラーはシルバー、ダークグレー、レッド、シャンパーニュ(ベージュのようなゴールド)の4色展開。

価格:249.99ドル
メーカー:米August

■August Smart Lock
http://august.com/

■スマートロック「August」、Apple Watchで開け閉めが可能に – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/08/august-applewatch/

5. Ola

中国のチームが開発しているスマートロック。ロックの解除に指紋認証を活用している。スマートフォンの専用アプリに指紋を読み込ませると、Bluetooth経由で本体に指紋情報が登録され、以降は本体のセンサー部分に指をかざすだけでロックを解除できるようになるという仕組み。2015年7月にKickstarterでのクラウドファンディングに成功し、8月現在、Indiegogoでも出資を募っている。

価格:159ドル※クラウドファンディング価格
メーカー:Ola Locks

■Ola fingerprint smart lock. Open the door to the future. by Ola — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1829539295/ola-fingerprint-smart-lock-open-the-door-to-the-fu/

■Ola Fingerprint Smart Lock | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/ola-fingerprint-smart-lock

■指紋認証でドアの鍵を開けられるスマートロック「Ola」 – 未来生活
http://miraiseikatsu.net/2015/06/kickstarter-ola/

 

日本で購入できる3製品は、どれも工事不要で簡単に後付けできるのも特徴だ。一時的に鍵の権限を貸し出す機能も備えており、大きな差はないといえる。海外の製品をみると、Apple Watchに対応していたり、指紋認証で鍵を解錠できるなど、ユニークな機能が目立つ。日本においてはスマートロック製品の種類がまだ少なく、一般に普及していないのが現状だろう。今後、さまざまな製品が発売され、スマートロックの分野が盛り上がれば、ホテルやシェアオフィス、一般家庭などでより導入が進むかもしれない。