テレビ朝日とKDDIが業務提携、ビッグデータを活用したコンテンツ制作へ

By on 2015-08-20

テレビ朝日とKDDIは20日、スマートフォン向け動画配信事業において戦略的業務提携を締結したことを発表した。両社は、地上波番組連動のオリジナルコンテンツを共同で制作していくとしている。

両社が共同制作するオリジナルコンテンツには、auスマートフォン向け動画配信サービス「ビデオパス」の運営を通じて取得したビッグデータを活用。このビッグデータには視聴者の属性情報や視聴履歴、検索履歴などが含まれており、コンテンツの企画段階から活用していくことで、視聴者層に合った作品を提供できるという。

共同制作の第1弾として、アイドルグループ「AKB48」のメンバーが主演を務めるエンターテイメントドラマを、2015年10月より地上波とビデオパスで配信する予定。

■テレビ朝日とKDDI、スマートフォン向け動画配信事業に関する業務提携について | 2015年 | KDDI株式会社
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/08/20/1317.html