お店のスタンプカードをスマホ上で実現できるサービスが登場

By on 2015-09-04

d13603-1-733712-3

APPLIYAは4日、ハンコのように指でつまんで利用できる円筒型Beaconデバイス「Switch Beacon」と、iOS/Android用のスタンプカードアプリ「Stamp」を発表した。Switch Beaconは同日より小売店や飲食店向けに提供を開始し、StampはApp StoreおよびGoogle Playにて公開している。

Switch Beaconは、Bluetoothチップを内蔵したスイッチ付きBeaconデバイス。幅83ミリ、重量17.5グラムと小型かつ軽量で、単4電池1本で約2年間動作する。Appleが開発した近距離データ通信機能「iBeacon」に対応しており、アプリと連携させて様々なサービスに活用できるという。

今回、連携するアプリの第1弾として、店舗のスタンプカードになるStampが公開されている。Stampでは、アプリ起動中のスマホにSwitch Beaconを近づけてスイッチを押すとスタンプが捺印される仕組みで、利用客は導入店舗のポイントを貯めることが可能。利用客は財布に店舗のカードを入れておく必要がなくなるほか、店舗側は紙のスタンプカードと同じ感覚でポイントを付与できるため、気軽に導入できる。

Switch Beaconは1社につき1個までは無料配布し、2個以上は1個3800円(税別)で販売する。また、複数店舗でスタンプラリーイベントを実施できる機能も提供していくとしている。

■APPLIYA WEBサイト | APPLIYA
http://appliya-inc.com/

■持って使える「Switch Beacon™」を開発し提供開始|APPLIYA株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013603.html

■スマホに直接捺印できるスタンプカードアプリ「Stamp」をリリース|APPLIYA株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000013603.html