ファッション人工知能「SENSY」と東京ガールズコレクションが提携、新たなトレンドの創出へ

By on 2015-09-28

カラフル・ボードとF1メディアは27日、カラフル・ボードが提供するファッション人工知能「SENSY」と、F1メディアが企画するファッションショー「東京ガールズコレクション」において、テクノロジーパートナー契約を結び、新プロジェクトの開始を発表した。

SENSYは、個人のファッションセンスを学習する人工知能。いくつかの服の好みをユーザーが分類することで、感性に合ったアイテムやコーディネートを提案してくれる。2014年11月よりiOS/Android用アプリとして提供されている。

今回のプロジェクトは、ガールズファッションにおける国内トレンドを人工知能で分析し、世界へ発信していくというもの。人工知能コーディネートによるファッションショーや、SENSYアプリで集めたデータを活用した企画などを予定している。将来的には、東京ガールズコレクションの参加者1人1人のファッションセンスを学習した人工知能を生み出すことで、新たなトレンドを世界に発信する狙い。

なお、同プロジェクトは27日に開催された「第21回 東京ガールズコレクション 2015 AUTUMN/WINTER」にて発表され、イベントMCがSENSYにコーディネートされた服を着て登場するパフォーマンスもあったという。

■ファッション人工知能アプリ|SENSY
http://sensy.jp/

■F1 media
http://f1media.co.jp/

■ファッション人工知能「SENSY(センシー)」、東京ガールズコレクションと人工知能プロジェクトの発表
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000013501.html