DMM、コミュニケーションロボ「Palmi」のアプリ開発環境を公開

By on 2015-09-17

main

DMM.comは17日、同社が販売する富士ソフト製ロボット「Palmi」のアプリ開発環境を10月下旬より開発者向けに公開することを発表した。

Palmiは、人とコミュニケーションをとれる身長40cmの二足歩行ロボット。音声認識と音声合成によって円滑な会話を実現するうえ、相手の顔を認識し、その人の名前で呼びかけてくれる。また、Wi-Fi機能を内蔵しており、ネット接続して本体のアップデートやアプリケーションの追加を行える。

今回の発表により、Palmiに追加できるアプリケーションの開発環境が公開された。専用サイトにて開発者登録を行うことで、ディベロッパーに開発ツールが提供される。また、実際に作ったものはアプリストアを通じ、すべてのPalmiユーザーへ販売できるようになるという。

DMM.comは、人を笑顔にさせるコンテンツや人の役に立つ機能を生み出す機会を開発者に提供することで、ロボットがいる日常の実現を加速していくとしている。

■DMM.make ROBOTS – Palmi アプリケーション開発
http://robots.dmm.com/index_developer.html

■DMM.com、デベロッパー向けに「Palmi」の開発環境公開~Visual StudioとAzure Machine Learningを活用したクラウド型ロボットアプリ開発環境を実現~
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000393.000002581.html