遠隔から作物を栽培できる「こっそり農遠」、イチゴ農園のオーナー募集開始

By on 2015-09-02

ファインシードは8月31日、スマートフォンアプリを使って農園の区画オーナーになれるサービス「こっそり農遠」の第1期分オーナー受付を開始したことを発表した。

こっそり農遠は、スマートフォンの専用アプリを通じ、遠隔にある農園で作物を栽培できるサービス。農園に設置されたライブカメラの映像や、センサーで取得した気温・湿度・CO2濃度などをリアルタイムで確認可能。作物の育成状況を常に把握でき、適切なタイミングで収穫や出荷の指示を出せる。収穫した作物は自宅に届けたり、家族や友人にギフト配送も可能。

今回、岡山県のイチゴ農園「難波ファーム」の区画オーナーを同サービスの第1期分として募集する。1区画のレンタル料金は月額3980円(税別)で、先着300区画まで。専用アプリのAndoroid版はすでに公開されており、iOS版も9月中に配信予定としている。

■こっそり農遠
http://kossori.farm/pr/kossori-farm/pc/